FC2ブログ

為替 FX の本質

為替で成功をめざします。 スキャル・鞘取り・シストレで利益を目指します。

サヤトリ

浅田氏の商材を読みました。




かなり売れているそうで26日に値上げになるそうです。
私は、勉強する時間がないにもかかわらず、買えなくなったら困ると思って
発売当初に購入していました。
サポート期間のことを考えると今購入したほうがよかったです。

一つ前の記事で、さやとりのドテンを試していると記事にしました。
とりあえず値動きを見るために適当にポジションを作りました。
しかし、浅田氏のポジションの取り方を読んでいくと、私の考え方を少し修正せねば
ならないことに気づきました。
さやとりにドテンは適さないかも。

ちなみに今AUD buy   NZD  sellはチャンスかな。
スワップがマイナスですが。
私は、AUD90.7 - NZD79.43    →さや  11.36
これでポジションを持っています。

さやとり名人ですが、取引手法がシンプルでとてもわかりやすいです。
そして、何よりもエクセルのツールがあり、これに4本値を貼り付けしてボタンを押すだけで
「さや」がわかるようになっています。
これが、ある意味この商材のポイントなのかなと思います。
手法が簡単でも売買ポイントを割り出すのに手間がかかると結局長続きしません。
(このエクセルも4本値のコピペが必要なので、コピペ自体が毎日できない人には無理です。)
本当は、ボタン1つで4本値の入力からはじまってすべてを自動で導き出すエクセルシートで
あれば理想で、そのようなシートを提供してくれれば更にこの商材に対するポイントがあがる
かなと思ってます。

完璧に読み込んでいないのでまた何か感じたことがあれば記事にしたいと思います。


スポンサーサイト



  1. 2008/03/23(日) 16:53:26|
  2. 情報商材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さやとり経過

先日書いたAUD NZDのさやとりですが
-9000円の含み損は -4900になっています。

今回は、適当に作ったポジですから浅田氏の商材の売買ポイントとは
違います。
値動きを見るために「この辺りのさやなら大負けはしないだろう」
という裁量でポジを作りました。

はじめ、
NZD buy   AUD sellで利益をあげ
ドテンして、
NZD sell  AUD buy となっています。

つまり、ドテンの練習をしているわけです。
今までは、スワップがプラス方向でさやが有利なときを狙っていたのですが
スワップを無視して為替差益を狙っていくことを視野に入れています。

上記の例だと、前者 +2円、後者 -27円のスワップになります。
現在は、毎日-27円のスワップを支払っているわけです。
仮に10万通貨でトレードしたとして1日270円、これをどう考えるかは
個人差があると思いますが、私は必要経費と考えています。

ポンドのさやとりは難しいので、変動が少ない通貨ペアに絞ってさやとりをしていきたいと思います。
EUR CHFのさやとりも変動率は少ないですが、最近はCHFが強いですね。
他にもいくつか候補を絞っていますが、できるかぎりストレスフリーの通貨ペアを狙います。





  1. 2008/03/23(日) 12:36:40|
  2. 取引結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

月別アーカイブ

アクセスありがとうございます


レート

最近の記事

カテゴリー

米国東部時間

無料アクセス解析SEO対策広告

最近のコメント

プロフィール

seiko2010

Author:seiko2010

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

おすすめ-私の購入した商材-

                  【 スワップ金利運用の極意とFX分析ツール 】 →分析ツールがとても使いやすい