FC2ブログ

為替 FX の本質

為替で成功をめざします。 スキャル・鞘取り・シストレで利益を目指します。

月曜日は不気味ですね

月曜日は為替がどのように動いていくのか。
ブログを見ていると円高にいくのではという意見が多いようです。

例の住宅ローン破綻から始まった円高ですが、
あくまでもきっかけにすぎず、たまたま円高になる時期に重なっただけ
だったのかもしれません。
そう思った理由は、マネーアンドマネーの吉田氏のセミナーを以前から聞いていて、かつ、つい先日も聞いていたので、そろそろ円高かなと思っていたからです。
要するにいつ円高になってもおかしくない状況であったと言えます。

今後ですが、どんどん円高にいくと考えている人と底を確認後に再度円安に振れると予想する人といますが、果たしてどうなるのでしょうか。

ところで、ビックバンFXは商材評価において最高ランクの評価を得たそうですね。
また、購入者専用サイトは賑わっているそうです。
確かに、盛りたくさんであり、ツールとしても優秀なようです。
私自身大いに関心を持っている商材です。
最近は、K氏がビックバンに深く関わっているようです。
ビックバンFXを持っている方はK氏のノウハウが手に入って羨ましいです。
一方、superFXも7月は優秀な成績で、今度バージョンアップするそうです。
サインのでるところは、ビックバンよりも優秀という記事も読みました。
結果がすべてなので、どちらがよりよい成績を上げるのか注目です。

できれば、この2つの商材には大いに競っていただいて、さらに発展系の商材の発売を望みます。

ちなみに私のデモ中のシステム、こちらは過去のデータは以前公開しましたが、これらの商材と同じレベルの成績を収めています。
しかしながら、7月は非常に成績が悪かったです。
これが、7月だけのことなのか、機能しなくなったのか調べていきます。
それから、CMSとFXAではサインのでるところが微妙に違うので、どの程度差があるのかも調べていきます。
本当に機能しなくなっているのなら、ついに商材の購入時期到来か??


今、日本では情報商材の販売が熱いです。
特に、FX系商材は売れ行きも上位を占めており、販売数を牽引している
状況です。
私は疎いので知らないのですが、アメリカではどうなのでしょうか。
FXの商材、中でもシステムトレードのツールはアメリカが先導しているでしょうし、VTのシステム系についても同様だと思います。
それら、アメリカで販売されているツールと比べて日本の商材の評価、レベルはどんなものなのでしょうか?
ビックバンやsuperFXはアメリカだったらどの程度の評価を受けるのでしょうか。
ちょっと疑問に思ってしまいました。



【 この記事が良かったらクリックしてください。   人気blogランキングへ    ここをクリックして 】


スポンサーサイト



  1. 2007/08/06(月) 00:06:18|
  2. 取引結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

月別アーカイブ

アクセスありがとうございます


レート

最近の記事

カテゴリー

米国東部時間

無料アクセス解析SEO対策広告

最近のコメント

プロフィール

seiko2010

Author:seiko2010

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

このブログをリンクに追加する

おすすめ-私の購入した商材-

                  【 スワップ金利運用の極意とFX分析ツール 】 →分析ツールがとても使いやすい